競馬理論と血統とオッズ

TOP
競馬理論,血統,オッズ

競馬理論

競馬理論と言っても色々な理論が存在します。
ただし、その根底にあるものは血統という事は言えるのではないでしょうか。
そもそも競馬は血のスポーツと呼ばれ、血統に重きを置いた配合が繰り返されてきました。
そしてその集大成がサラブレッドであり、競走用として生産されてきました。
血統から導き出される理論とは、どういうものになるのでしょうか。

血統と競馬理論

血統と競馬理論には親密な関係が存在します。
どういう目的でその配合をするのか、そこには明確な意図があり、例えば日本では2400mを走れる馬を作る事が一つの目標となっています。
それは日本ダービー、オークス、ジャパンカップという賞金の高いレースがあり、その前後の距離にG1レースの数も多くあり、その条件に近い適正の競走馬を生産する事は、馬主や生産者にとってより魅力的な好条件となるわけです。
ただし、配合にも色々な理論があり、短距離向きやダートに適正のある馬等配合する競走馬それぞれに特徴があり、より可能性のある配合を求めて生産されている事になります。
その中でも可能性の高いと思われる競走馬、理論的に強い競走馬になると思われる競走馬は高額で取引され、そういった競走馬は新馬戦等の出走時には低いオッズ、いわゆる人気馬になる事も多くなります。

競馬と血統とオッズ

競馬理論として血統から導き出されるものは大きな影響を及ぼしています。
単純にオッズというものは競馬理論を集約したものでもあり、より適正の向く馬、もしくは向きそうな馬が人気を集め、それは血統に裏付けされたものでもあるわけです。
中にはその期待に応えられない競走馬も多くいますし、その血統が全てではないところが競馬の面白さであり、難しさにもつながっています。
血統に正解はなく、同じ血統でも成績が大きく変わる事があり、ディープインパクトの全兄であるブラックタイドは好成績は残せませんでした。
しかし、ディープインパクトという存在のおかげで繁殖への道が開け、種牡馬としてキタサンブラックを生み出しました。
これもまた競馬の面白さであり奥深さの一つです。
こういったものも競馬理論の一端でしかなく、多くの理論が存在するのが競馬です。
色々な発見が競馬の予想に大きく役立つ事もあります。
色々な理論を探してみるのもまた、競馬の楽しみの一つと言えると思うので、是非色々と探してみてください。

実践済み優良競馬予想サイト[PR]