競馬のオッズは信頼出来るのか?倍率の仕組み

TOP
競馬 オッズとは,信頼,倍率

競馬のオッズ

競馬のオッズは競馬予想をする上で切っても切り離せないものでもあります。 オッズ次第で勝てるか負けるかが左右され、オッズによって一攫千金も夢ではありません。 そんな競馬のオッズとはどういうものなのか考えていきましょう。

オッズとは何なのか

競馬のオッズとは、競馬の馬券を買った人が作り出している倍率です。
競馬とは馬券の売上からJRAの取り分となるパーセントを引いた残りを馬券的中者で分配する仕組みを取っています。
ですから、例えばオッズが1.1倍というものは馬券を買った際に受け取れる配当は1.1倍のものであるという事で、それだけ買っている人が多いという事になります。
逆に買う人が少ない馬券であればオッズは大きくなり、それだけ高配当の払い戻しを受け取る事が出来る事になります。
オッズとは、勝てる確率ではなく、勝つと思われている確率、もしくは勝ってほしいという期待値の数値という事になります。
例え勝つ可能性はそこまで高くなくても、引退を控えた競走馬であったり、馬の特徴によって人気のある競走馬はそれだけ投票を受ける事になり、オッズも低くなってきます。
基本的には能力が高いと思われる馬に投票は集まりやすいものですが、それだけでは無いのがオッズですから、そこにオッズとして魅力的なのかそうでないのかは生まれる事になります。

オッズの信頼性

オッズの信頼性については色々な考え方があります。
ただ、オッズがある程度の結果を示している事は事実であり、10頭立てのレースで、能力が全て同じであれば単純に10%でそれぞれの勝率を持ちますが、能力の違いによってオッズが形成され、1番人気や8番人気という様に投票順に人気が示されます。
そしてその人気というものはある程度の精度は持っており、ある年を例にとると1番人気の勝率32.8%、2番人気の勝率19.0%、3番人気の勝率13.3%と人気順に比例して下がる傾向を示しています。
競馬で重要なのは、対象レースがどのパターンの時なのかという事であり、パターンを読み解く事で競馬予想の精度は格段に上げる事も可能となります。

オッズは色々な要素を持っていますが、どこかに穴があったり見落としがあったりするものです。
オッズ通りに馬券を買っても勝つ事は難しいので、オッズの紛れを見つける事が万馬券への近道ですし、競馬の醍醐味でもあります。

実践済み優良競馬予想サイト[PR]