競馬で万馬券を狙う【馬単編】

TOP
競馬 万馬券,馬単,メリット

馬単で万馬券を狙う

馬単は比較的万馬券を狙いやすい式別と言えます。
馬連は普通馬番号二連勝複式勝馬投票法が正式名称で、複式である為着順による配当の差がありませんが、馬単は着順も固定で予想をする為に馬連よりも難易度が上がる、もしくは買い目が増えるデメリットがある分、配当も大きくなります。
ただ、その分馬連よりも買い目を考えていく必要もあるため、難易度も若干高めになってきます。

穴馬を軸にして流す

馬単で穴馬を軸にする場合、馬連と違うのはマルチにする必要も出てくる点となります。
穴馬というのは1着から3着までに入る可能性の低い馬、そう認識した場合、その馬が何着にくるのかは予想し難いものです。
そこで、穴馬を決めて相手を選んだ上で、マルチにする事で着順を順不同で的中する馬券にするわけです。
馬単をマルチにした場合、買い目は2倍に増えますが、的中率も自然とあがります。
問題となってくるのは穴馬の精度で、そうそう好走する穴馬を見極められるというわけではないので、自信のある穴馬がいる場合には積極的に狙っていくという感じで利用するのがセオリーとなっている様です。

人気馬を軸に相手に穴馬

人気馬を軸にして、相手に穴馬を選ぶ場合は、穴馬を軸にする場合とは違い、必ずマルチにする必要はありません。
1着は間違いなく決まりだと感じるのであれば1着固定でいいわけですし、1頭だけ実力が抜けていて、他の人気馬は信頼出来ないという時には1着固定から相手は総流しで、穴馬が飛び込んでくる事を期待するという事も多く利用されています。
もちろんマルチにしておけば万が一、2着になった時の保険になりますし馬券もとる事が出来ます。
ただし、馬単の場合はマルチにすれば買い目が増えますし、人気馬同士で決着した場合に購入金額が払い戻しを上回ってしまうトリガミになる可能性も含んでいるので、ある程度は絞る必要も出てくるでしょう。

馬単だからこそのボックス

馬単では着順によって配当が大きく変わります。
穴馬が1着に来た場合には配当が万馬券に届く事はよくある事です。
そこで、人気馬と穴馬を程よく合わせたボックス買いも十分視野に入る買い方となります。
人気馬2頭、穴馬2頭等でボックスを組む事で人気馬同士、人気馬と穴馬、穴馬同士という幅広い馬券にする事が出来るわけです。
何頭まで入れるかは予算次第ではありますが、買い目が多くても好走する馬がある程度絞れている状況ではとても効果的な買い方となります。
ボックスのメリットとして、着順まで考える必要がなく、単純に力上位と思われる馬だけを上から選んでいけばいいという予想のし易さもあるでしょう。

馬単での万馬券狙いのメリット

馬単での万馬券狙いのメリットは何と言っても万馬券の出やすさと的中率の確保のし易さになるでしょう。
三連系ではどうしても的中率の維持が難しく、馬連では万馬券を狙うには穴馬のオッズに大きく左右されてしまいます。
しかし馬単では1着に人気薄が来る事で万馬券の可能性は大きく跳ね上がります。
ポイントさえ押さえていければ万馬券を狙いながら、高配当の馬券を的中させていく事も可能です。
馬単は自信のある馬で数点で勝負という方も多い馬券でもありますが、荒れたレースでは高配当が出やすいので広くいく時もあるというのが多くの意見です。
あくまでもレースによりますが、狙える時は思い切って馬単で万馬券を狙ってみるのも良いのではないでしょうか。

実践済み優良競馬予想サイト[PR]

利用者の声

神奈川県 けいた
たまに不的中があるからその時はガッカリしちゃうね。
でも稼げてるからアリかな。
04-23 03:00:33
大阪府 モツ煮部長
複数の情報会社を利用しましたが一本に絞ります。今までの競馬の負け分を余裕で取り戻して大きなプラスです。
04-23 02:33:27
兵庫県 teruo
もっともっと稼ぎたいんです。普通はこれで十分すぎると思うかもしれませんが僕はもっともっと稼いで楽したいんです。3億貯まるまでお世話になります。(爆)
04-23 02:15:14