競馬での回収率の上げ方[本命と穴]

TOP
競馬 回収率,本命,穴

競馬で回収率を上げる為には

競馬で回収率をもっと上げたいと思っている方は多いでしょう。
マイナスであれば当然ですが、勝っていてもなかなか大きく勝てないという方もいるかと思います。
いかに回収率を上げるか、それは馬券の買い方で改善出来る場合も多々あります。

[本命党]

本命党の場合は的中率を安定させる事が大前提です。
本命から攻めていて的中率が低い事は致命的です。
3連復や3連単の様な紛れの多い馬券種で失敗しているのであれば馬連や馬単、もしくは複勝やワイド等、配当は低くても的中率を稼げる馬券種に移行するべきでしょう。
馬連や馬単で外しているのであれば軸で外しているのか、それともヒモで外しているのか、そこから改善点を見出す事が出来ます。
軸の不的中が多いのであればボックスにしてみたり、ヒモがいなくて不的中が多いのであれば相手は素直に増やすべきです。
配当の低さ等で悩むのであれば厚くしたりする事で改善は可能です。

[穴党]

穴党の方はとにかくいかに高配当の時にとれるかにかかってきますが、高配当の時にとれないと負け続きになってしまうので、ある程度信頼のおける馬は素直に軸にしたり相手にしたりしなければ1日丸坊主という事にもなりかねません。
日によってはどうしても固く決まるレースが多い時はありますし、穴狙いばかりではなく、きちんと判断していく事も重要になってきます。
穴党にも色々とタイプがありますが、軸が穴で軸の来る確率がそれなりにあるのであれば買い目は増やしていきたいところです。
穴1頭だけで配当は大きくなるので積極性も必要になります。
逆に軸が的中しないというのであれば、それは軸に夢を見すぎている危険性があります。
そこはボックスにするか、フォーメーション等で軸を増やしたりする事も考えてみるのもありです。
穴党で一番痛いのは大きな配当の馬券の時に惜しい馬券になる事です。
そういう時にいかにきちんととれるかにかかってくるので、積極性、勝負するところは思い切って勝負する事も必要です。
良く1レースに対する金額を決めている人もいますが、それで気になる馬を削ってしまうのも良くない時があります。
普段は抑えてもいいと思いますが、勝負する時は勝負するというスタンスも持ち合わせた方がやはり確率が上がる事になるので馬券はとれます。
穴党は一発があるわけですから、狙える時はしっかり狙いましょう。

実践済み優良競馬予想サイト[PR]