競馬での馬券の買い方「初心者が上級者になるには」

TOP
競馬 馬券,初心者,買い方

競馬と馬券

競馬というギャンブルと馬券は切っても切り離せない関係にあります。
馬券は正式には勝馬投票券と言いますが、この馬券の買い方によって勝つか負けるかが決まります。
全ては馬券であり、この馬券の買い方を身につける事で勝敗を大きく左右する事になります。
馬券にも色々な種類があり、そのメリットを少しずつ身につける事で馬券術も大きく向上するはずです。

初心者向きの馬券

競馬の初心者の方に向いている馬券種は単勝、複勝、馬連、ワイドだと言われています。
基本的に、色々な馬券を買う事は悪い事ではないので、どれか一つを選ぶのではなく、それぞれを買ってみる事が上達の一番の近道です。
重要なのはまず、馬券を的中させる事です。
オススメなのは勝つと思った馬を1頭、単勝と複勝で買う事です。
次に馬連とワイドです。
これもおすすめとして、同じ番号で購入してみる事をおすすめします。
馬連とは1着と2着の馬を当てる馬券、ワイドは1着~3着までの内の2頭を当てる馬券です。
頭数は3頭か4頭でボックスという買い方で買うのが簡単です。
そこまで高配当は狙えませんが、馬連では万馬券が出る事もありますし、ワイドで3頭のボックスであればトリプル的中(1着~3着全てを的中させ、3通りあるワイドの的中を全てとる事)という事もあります。
無理して難しい馬券を買う必要はありませんし、ベテランの方でもこういった買い方は多いので、基本として特徴を抑えておくと上達も早くなるのではないでしょうか。

初心者~中級者

初心者から中級者になってくると、馬単、三連複で万馬券を狙ってみると良いのではないでしょうか。
万馬券は最初の初心者向けの馬券ではなかなかとれないものですが、馬単や三連複では万馬券も結構出ています。
特に三連複では出やすいですが、1着~3着を全て的中させる事が前提となるので難易度は高いです。
馬券として買う買い目の点数も増えやすくなりますし、ある程度増やさないと的中も難しいので、目安としては20~30点くらいを目処に買ってみると良いかもしれません。
馬単は馬連と似ていますが、1着と2着の着順まで的中させなければならないので、その分買い目も2倍になります。
馬連と同じ買い目で馬単を買うのであればマルチするだけですが、馬連の時の買い目が2倍になるという事も踏まえて点数を考えながら購入してみると良いと思います。
馬連で的中率がそれなりにあるのであれば馬単にするメリットは十分にあるのでオススメです。

中級者~上級者

中級者から上級者へのステップとして、まずフォーメーションを覚える事が近道になります。
三連複は三連単のフォーメーションの練習にはうってつけなので是非利用したいところです。
三連複のフォーメーションは1列目、2列目、3列目でそれぞれ指定した馬が順不同でも的中になりますが、三連単の場合は順不同では的中にならず、もし順不同にするのであればマルチにする必要があり、その場合は買い目が6倍に増えます。
ですから、まずは三連複を三連単のつもりでフォーメーションで購入し、的中率がどれくらいあるのか自分の馬券力を見極めてからチャレンジする方が良いでしょう。
もし列順通りに的中した場合は、その配当がどれくらいあるのか、どれくらいの回収率なのかをしっかり把握する事で三連単フォーメーションでどれくらいの精度を出せるのか、その指標を掴む事が出来ます。

馬券術の向上

馬券は色々な買い方があり、買い方によって難易度も配当も変わってきます。
そのメリットや特性、そして自分がその馬券の式別に対してどれくらいの的中率と回収率を持っているのかを知る事は重要で、三連複の方が配当は良くても、馬連の方は回収率は上がっているという事もあります。
馬券は的中させてこそ配当があるので、しっかりと自分の馬券を知る上でも、順序よく学んでいく方がメリットは大きいです。

実践済み優良競馬予想サイト[PR]